ストレスが薄毛の原因になるって本当かどうかをいろんなところから調べてみたよ

■ストレスを受けると体に起こること
ストレス社会といわれ始めて久しいですが、ストレスは体にさまざまな影響を及ぼします。それは頭皮の健康にもいえることです。ストレスを感じると、それがショック状態として体に伝わり、まずは血管をキュッと縮めさせ、血流が悪くなっていきます。

体中の細胞に栄養と酸素を送り届ける血液の流れが悪くなると、すべての細胞の機能が低下していきます。そして、体中の老廃物を洗い流す役割をしているリンパも、やはり流れが悪くなってしまいます。リンパは血液の流れに影響を受けていますし、ストレスを感じたリンパ節が、体内に悪いものが入ってきたと勘違いし、リンパの流れをせき止めてしまうのです。

ストレスが薄毛の原因になるって本当かどうかをいろんなところから調べてみたよ

すると、老廃物がスムーズに排出できなくなり、細胞が汚れたままとなり質が落ちてしまうのです。こうして機能や質が落ちると、頭皮も上手に髪の毛を作り出すことができなくなり、抜け毛や発毛不足が進んでいきます。

原点=薄毛 病院 http://hsclinic.jp/cont/ladyusuge/

■ストレスによって起こる脱毛症
ストレスによる脱毛と聞いてすぐに思いつくのが、円形脱毛症ですよね。これはストレスによって免疫機能が低下し、髪の毛がうまく作れなくなる症状です。そしてストレスによってホルモンバランスが乱れると、びまん性脱毛症を引き起こしてしまうこともあります。

これは「女性男性型脱毛症(FAGA)」ともいわれ、ストレスによって男性ホルモンが優位になって起こる脱毛症です。「男性型脱毛症(AGA)」の女性版といったところでしょうか。さらに、男性ホルモンが増えると、毛穴が皮脂の分泌を増やし始めます。

こうなると頭皮も脂性に傾き、脱毛が起こりやすい環境になってしまいます。

■ストレスを上手に解消しよう
ストレスが原因の薄毛を予防するには、ストレスを解消する方法を工夫しましょう。ストレスを完全にシャットアウトすることは、現代社会で生きている以上不可能なことです。それならストレスをうまくかわし、ストレスに負けない心と体作りをしていきましょう。

それには、体を健康に保ち、生活リズムを安定させることです。寝る時間と起きる時間をなるべく一定にすると、自律神経のバランスもよくなり、ストレスに強くなります。そして気分転換を図れる趣味を持ち、自然や音楽を楽しむなど、リラックスできる時間を作ってみてくださいね。

AGAの一般的な治療方法「投薬による治療」

AGAとは若ハゲのこと、つまり「AGA治療」とは「若ハゲ治療」のことですが、その治療法で最も効果が期待できるものは投薬治療です。ここでは、投薬治療について詳しくご説明いたします。

■専門クリニックで処方される公式の治療薬
AGAの治療薬には、現在クリニックや行院で処方される公式のものと、個人輸入で入手できるものの2種類があります。まず公式の治療薬ですが、AGA治療薬として国内で認可され、効果と実績のあるプロペシアとミノキシジルのことを指します。プロペシアを含む薬で治療をした人は1年目で58%、2年目で68%、3年目で78%の人が薄毛の改善を実感できています。

残りの人も進行を食い止める効果に関しては実感できている人がほとんどですので、ほぼ100%の人がなにかしらの効果を実感できているという薬です。ミノキシジルは発毛効果の高い薬です。プロペシアと同様にその薄毛改善効果は100%に近いです。2つとも効果は大きいのですが、コストの高さが問題点。

そもそもAGA治療は自由診療という保険が適用されない治療に当たるので治療費が高いです。さらに長期間続けなければならない投薬治療は薬をもらうたびに診察を受けることになるのでどうしてもトータルコストが高くなってしまいます。

AGAの一般的な治療方法「投薬による治療」

■低コストのジェネリック治療薬
個人輸入で手に入るジェネリック治療薬は公式の治療薬に比べ低コストで続けやすい薬です。効果や安全についても問題ないとはされていますが、医師の判断を受けることなく服用できてしまうので、自分に本当に適している治療薬なのかが判断できないという問題が残りますし、他の疾患で服用中の薬がある場合の併用が大丈夫なのかという不安を抱えたまま服用することになります。

ただ、長期間の服用を考えると大幅にコストを抑えることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ