ストレスが薄毛の原因になるって本当かどうかをいろんなところから調べてみたよ

■ストレスを受けると体に起こること
ストレス社会といわれ始めて久しいですが、ストレスは体にさまざまな影響を及ぼします。それは頭皮の健康にもいえることです。ストレスを感じると、それがショック状態として体に伝わり、まずは血管をキュッと縮めさせ、血流が悪くなっていきます。

体中の細胞に栄養と酸素を送り届ける血液の流れが悪くなると、すべての細胞の機能が低下していきます。そして、体中の老廃物を洗い流す役割をしているリンパも、やはり流れが悪くなってしまいます。リンパは血液の流れに影響を受けていますし、ストレスを感じたリンパ節が、体内に悪いものが入ってきたと勘違いし、リンパの流れをせき止めてしまうのです。

ストレスが薄毛の原因になるって本当かどうかをいろんなところから調べてみたよ

すると、老廃物がスムーズに排出できなくなり、細胞が汚れたままとなり質が落ちてしまうのです。こうして機能や質が落ちると、頭皮も上手に髪の毛を作り出すことができなくなり、抜け毛や発毛不足が進んでいきます。

原点=薄毛 病院 http://hsclinic.jp/cont/ladyusuge/

■ストレスによって起こる脱毛症
ストレスによる脱毛と聞いてすぐに思いつくのが、円形脱毛症ですよね。これはストレスによって免疫機能が低下し、髪の毛がうまく作れなくなる症状です。そしてストレスによってホルモンバランスが乱れると、びまん性脱毛症を引き起こしてしまうこともあります。

これは「女性男性型脱毛症(FAGA)」ともいわれ、ストレスによって男性ホルモンが優位になって起こる脱毛症です。「男性型脱毛症(AGA)」の女性版といったところでしょうか。さらに、男性ホルモンが増えると、毛穴が皮脂の分泌を増やし始めます。

こうなると頭皮も脂性に傾き、脱毛が起こりやすい環境になってしまいます。

■ストレスを上手に解消しよう
ストレスが原因の薄毛を予防するには、ストレスを解消する方法を工夫しましょう。ストレスを完全にシャットアウトすることは、現代社会で生きている以上不可能なことです。それならストレスをうまくかわし、ストレスに負けない心と体作りをしていきましょう。

それには、体を健康に保ち、生活リズムを安定させることです。寝る時間と起きる時間をなるべく一定にすると、自律神経のバランスもよくなり、ストレスに強くなります。そして気分転換を図れる趣味を持ち、自然や音楽を楽しむなど、リラックスできる時間を作ってみてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ